浅野川流域各地で復旧作業始まる 金沢遠望

2008年07月30日



浅野川流域各地で復旧作業始まる

●復旧作業が始まっています。
 1日も早く暮らしと仕事が元通りになりますように。


源泉断たれ湯涌悲鳴 パイプ復旧めど立たず 書き入れ時、焦りにじむ
(北國新聞 7月30日)

●集中豪雨の大被害にショックの湯涌温泉。1日も早く復旧して、観光客の期待に応えてください。



金沢の浸水2672棟に 豪雨被害 全壊1棟 復旧作業が本格化
(北國新聞 7月30日)

●市内の浸水被害は、29日現在、床上浸水が541棟、床下浸水2,131棟、合計2,672棟だったそうです。

●市有施設では、徳田秋聲記念館と金沢湯涌夢二館が床上浸水、旧野本家住宅・旧石倉家住宅・旧山川家住宅に土砂が流入。

●水稲被害は市内15集落の26.3ヘクタール、果樹園(舘町)被害は1.8ヘクタール。



金沢・辰巳用水、あすにも通水 午後から工事、人海戦術で土砂撤去
(北國新聞 7月30日)


辰巳用水“断水” 金沢豪雨 水門付近 土砂崩れ
(北陸中日新聞CHUNICHI Web 7月30日)


災害救助法 金沢市に適用
(北陸中日新聞CHUNICHI Web 7月30日)



「水なしじゃ稲もたない」 辰巳用水、通水止まる 週内限度、農家窮地に
(北國新聞 7月30日)

●辰巳用水は兼六園〜中心街を流れる用水として有名ですが、当然、農業用にも利用されています。また、辰巳用水の水源は犀川ですが、記事中にある末町、涌波、笠舞は、小立野から湯涌への途中にある町です。




●地元のみなさんは元気に活動を始めています。被災地もすぐに元にもどることでしょう。

●この夏〜秋に金沢を訪れる予定の皆様、ぜひ復旧された町にも足をお運びください。主計町、天神橋界隈、そして湯涌温泉で、ゆっくりと情緒のある金沢を満喫してください。


 

この記事へのコメント
みんなで辰巳ダムを中止させて、辰巳用水ならびに兼六園の本当の姿を守って、金沢の兼六園を世界に誇れる姿のままに残しませんか?

兼六園と辰巳ダムの関連性を少し調べるだけで、大半の人がわかると思いますが、辰巳ダムが完成すれば、兼六園の“水”の価値がなくなるといっても過言ではないかもしれません。

何か少しでも感じたことがあれば、メールもしくは、コメントしてください。
Posted by 侍ノ吉 at 2008年07月30日 23:19
●侍ノ吉さん、コメントありがとうございます。

●辰巳ダムの建設は着々と進められていて、平成24年には完成予定なんですね。辰巳ダムに関しては後日、改めて記事にさせていただきます。

●それにしても、近年、お役所の仕事の進め方が大問題となっているというのに、一向に変わりませんね。
Posted by kenbo at 2008年07月31日 03:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。