金沢・浅の川園遊会 4月8日-9日 金沢遠望

2006年03月19日



金沢・浅の川園遊会 4月8日-9日

●数日前、突然雪が降りましたが、それでも季節は確実に春に向かいはじめました。もう寒さにはいいかげん、飽きましたよね。

●4月8日-9日、今年で20回目になる浅の川園遊会が開催されますが、17日夜、そのPR用のぼんぼりの点灯式が主計町緑水苑で行われたそうです。いいですね、殺伐とした事件の多い最近、心からほっとできるニュースです。

●ぼんぼりは浅野川の天神橋から中の橋のあいだで、夜の茶屋街の風情たっぷりの光景は、まさに泉鏡花や五木寛之の小説の世界。春の金沢観光には絶好のタイミングですね。
ぼんぼりの灯 情緒 「金沢・浅の川園遊会」PR
(中日新聞)
「金沢・浅の川園遊会」が来月催される金沢市の浅野川沿いで十七日夜、PR用のぼんぼり百三十基に灯がともった。オレンジ色の温かみある光が辺りを情緒豊かに照らし、期待感をあおった。(後略)


第二十回 金沢・浅の川園遊会 ポスター

第二十回金沢・浅の川園遊会

4月8日(土)《宵祭》
・四条流包丁儀式
・東茶屋町八尾おわら流し
・料理茶屋 白糸懸作
・川床棧敷
・界隈料亭 点心席
・浅の川花火     他

4月9日(日)《本祭》
・素囃子・仕舞・筝曲
・浅の川おどり
水芸「平成 滝の白糸」
・お座敷太鼓・狂言・悪魔払い
・辰巳こんころ太鼓
・浅の川茶会・聞香席
・友禅流し
・川床棧敷  他


<ご参考>
昨年の園遊会の記事 北陸発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
泉鏡花記念館
滝の白糸(1956) あらすじ - goo 映画





posted by kenbo | 石川 ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | 金沢の風物詩 | 金沢遠望 TOPへ
この記事へのコメント
川床桟敷に座りたいとおもっていて座らずじまいでした。気分だけでもと川原にでている料亭のお弁当を買ったことがあります。
当日暖かいといいですね〜。
Posted by くてくて at 2006年03月21日 09:56
●くてくてさん、いつもコメントありがとうございます。

●風情とか情緒とかいう言葉は、いまや金沢でしか味わえない気分ですね。甘い花の香りがただよう春の宵に、ゆっくりと歩いてみたい主計町の堤防沿い。どこからか三味線の音が…

●子ども時代は何も感じなかった情景ですが、年を経るごとに、この独特の雰囲気に懐かしさを感じるようになりました。茶屋街で育った人間ではないのに、不思議です。

Posted by kenbo at 2006年03月21日 16:30
恋歌サミットへ行ってきました。金沢望郷歌は、会場の観客も一緒に口ずさんでいるのが、聞こえてくるんです。歌もすごい人気で、歌いやすいですからね。
NHKの、のど自慢予選でも、20人もが金沢望郷歌を歌ったそうです(五木寛之が言ってました)。
田川寿美さんの、浅野川恋歌も、とても金沢情緒があっていい歌でした。
それから、浅の川園遊会も楽しみですね。行ってきます(立ち見です)。
Posted by 籐五郎 at 2006年03月26日 22:55
●籐五郎さん、コメントありがとう。

●恋歌サミットですか。いいですね。五木寛之さんは、ほんとに演歌がお式ですね。

●松原健之さんは女性のおっかけが多いのではないですか? 見るからに母性本能をくすぐる雰囲気ですからね。(うらやまし〜)
Posted by kenbo at 2006年03月27日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金沢の春、桜の季節を彩るイベント「浅の川園遊会」
Excerpt: 浅の川園遊会は毎年4月第2土・日曜日に開催されている無料のイベントである。 昨年
Weblog: あさぴーのおいしい独り言
Tracked: 2006-04-14 20:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。