オーケストラ・アンサンブル金沢が松井選手の応援歌 金沢遠望

2006年06月16日



オーケストラ・アンサンブル金沢が松井選手の応援歌

●うっとうしい梅雨空を吹き飛ばしてくれる嬉しいニュースです。
 オーケストラ・アンサンブル金沢が、先日亡くなられた岩城宏之さんの遺志を継いで、ニューヨークヤンキース・松井秀樹選手の応援歌を作ることが決まりました。

●松井選手のファンだった岩城さんが数年前からあたためていたアイディアだったそうで、やはりご自身で指揮をしてレコーディングしたいと強く願っておられたとか。

●歌詞の公募は8月末が〆切り。本格的なオーケストラによる応援歌って、すごく迫力がありそうですね。応援歌ですから、格調の高い曲よりも、グワーッと心の底から元気が湧き出てくるような、シンプルで力強い歌を期待したいです。

  問い合わせ:石川県音楽文化振興事業団 TEL 076-232-0171


●怪我の回復も順調のようですが、異国の地で一人がんばっている松井選手にとって何よりのプレゼントになるのではないでしょうか。ひょっとして、「金沢望郷歌」に次ぐ金沢のテーマソングになるかも知れませんね。楽しみです。
金沢の管弦楽団が松井秀の応援歌、岩城さんの遺志継ぎ
(YOMIURI ONLINE 読売新聞 2006年6月15日)
13日に死去した指揮者の岩城宏之さんが音楽監督を務めていた金沢市のオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)が、岩城さんの遺志を継ぎ、米大リーグ・ヤンキースの松井秀喜選手(32)の応援歌を作ることを決めた。
 歌詞は公募し、審査で決定後に作曲者を決める。(後略)


●あなたも応募、してみませんか?



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19362529
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。