松井秀喜のインターナショナル・フレンドシップ・プログラム2007 金沢遠望

2007年06月21日



松井秀喜のインターナショナル・フレンドシップ・プログラム2007

●恒例行事になりましたが、われらが大リーガー、松井選手が今年も、ふるさと金沢とアメリカの野球少年の交流イベントの場を提供してくれました。
金沢リトルがNYで野球交流=ヤンキースの松井秀が支援
(時事通信社 2007/06/19)
【ニューヨーク18日時事】米大リーグ、ヤンキース傘下の1Aスタッテンアイランドは18日、日米の野球少年の交流を目的とした「松井秀喜のインターナショナル・フレンドシップ・プログラム2007」を開催すると発表した。(後略)
松井選手コメント
「言葉が通じなくても、野球というスポーツを通して友情が芽生えることは素晴らしいと思う。この貴重な体験を思う存分楽しんでもらいたい」


●押しも押されぬ大リーガー松井選手は、今年もヤンキースの主力野手として大活躍中。その言動、行動、活躍実績は、歴代の日本人大リーガーのなかでも、もっとも大リーガーらしく見えるのは、私だけではないと思います。

●子どもたちにはもちろん、我々大人たちにも、いつまでも夢を見せ続けてほしいですね。

●今度帰省したら、記念館を訪れてこよう。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。