6月30日、北陸最大の明文堂書店・金沢県庁前店(愛称・金沢ビーンズ)が開店 金沢遠望

2007年06月30日



6月30日、北陸最大の明文堂書店・金沢県庁前店(愛称・金沢ビーンズ)が開店

●6月30日に金沢市鞍月鞍月5丁目158にオープンした明文堂書店・金沢県庁前店は、売り場面積、蔵書数とも北陸最大のスケールだそうです。場所は金沢駅の北、県庁前。明文堂書店は富山の本屋さんです。

 【日本最大級の書籍専門館】金沢ビーンズ-明文堂書店金沢県庁前本店

●文学のまち、金沢にふさわしいというべきか、イオン・フォーラス並みの書店の登場というべきか。

●ここにいけばほとんどの本がその場で見れるというのは、便利であることに違いはありません。一度はのぞいてみようと思います。
射水に富山最大店 明文堂書店、8月開業
(北國新聞 2007年6月30日)
明文堂書店(富山市)は八月、射水市板東、寺塚原に「高岡射水店」を開店する。店舗面積は、富山県内で最大の三千四百四十七平方メートルとする計画で、ツタヤ(TSUTAYA、東京)、タリーズコーヒージャパン(同)も入居する。(中略)
明文堂書店は三十日、金沢市鞍月五丁目に「金沢県庁前店」(愛称・金沢ビーンズ)を開店する。珍しい豆型形状の店舗で、売り場面積、蔵書数とも北陸最大となる。開店初日は午前九時半からオープニングセレモニーを行い、同十時から午後十一時まで営業する。



posted by kenbo | 石川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | TOPICS | 金沢遠望 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。